8/3 現在の母

あれから毎日母の病院へ行っています。
週末に妹を施設から帰宅させるために
先週の金曜日からは犬ごと実家の方へ移動してきました。


先週聞いた主治医からのお話とても残酷なものでした。

短くまとめると
おそらく癌性腹膜炎を起こしており
腸の動きが悪く、おそらく動きを止めてしまうだろうと。
急激な癌の悪化の症状がみられ治療の術も無く終末期…と。

こちらから聞いたのですが、
残された時間は一般的には2週間。

あまりの短さに愕然としました。

最後はどうしたいか…などの確認もあり
なかなか現状を受け入れる事はできませんでした。

ただ、腸を休めるために絶食をしており
腸の動きが回復してくればまた違う結果になるとも。

こちらとしては急な悪化は副作用のせいだという
希望も捨てたくはありませんでした。

そこからの一日一日の長いこと。


しかし、妹が帰って来たあたりから日に日に元気になってきているのです。

既読が付かなかったラインに既読がつくようになり、
返信がくるようになり、呂律が回らなかった口調が
普段通り会話できるようになってきました。

そしてなんと今日から食事が出るようになりました。
腸は動きを止めていません。

気になる症状もありますが、
無いと思っていた時間が既にたくさん積み重ねられています。

妹のお見舞いが想像できなかったほど立派だったことなど
後日また記録したいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ