FC2ブログ

乳がんその後・定期検診など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

術後5年半

乳癌手術から5年半です。

術後3年以降は年一度の検診だったのが、
5年検診のエコーで健側に4ミリほどの白いものが映るというグレーな結果に。
細胞診をしようとしたものの今度は見つからず…で、
半年後に再びエコー検査となりました。

先週、2年半ぶりに対面する主治医から結果を聞いてきました。

結果は、何かはある。
健側に4ミリ、3ミリ、2ミリと、
大きくはなっていないようだけど数は増えていた。
更に術側にも少し点々と。

MRIを撮ることもできるけれど、
あまり大きくなっている様子もみられないので
半年後の再検査でいいのではないかとのこと。

経験上、あまり早くに検査を進めても
結果が出るのに時間がかかるだけ(特定しずらい)だし、
これ以上検査は進めませんでした。

細胞診をしようとしても見つからなかったのは
検診のときとは使う機械そのものが違うとのこと。
検診で使うもの方が高性能なのかいろいろ映るようです。

白黒つくまでは主治医預かりなので、半年後またお目にかかります。
担当制の方が待ち時間が少ないので早くそちらに戻りたい。
スポンサーサイト

乳がん術後5年検診で再検査になるものの…

先週、術後5年検診の結果が出ました。
マンモグラフィーは特に問題なし。
エコーでは健側に4mm程の何かが写っていた。
乳腺症か乳がんの初期か、念のために細胞診をすることになり、
運良く一時間後に空きがあったので入れてもらった。

しかし、位置を特定するためにエコーを当てても
なかなか見つからないという会話が
エコー技師と医師との間でなされていた。
途中、主治医の意見を仰ごうと思ったようだけど
忙しくて声が掛けられなかったと。


その場にいた医師の判断では、思ってた以上に怪しくない。
先週くらいキラッと写ればとってみることも考えるけど
だいたいこの辺ということしか分からないと。
検査結果に乳腺症の文字もあり、
今日のエコーでは細胞診は過剰と考えていることは伝わってきた。
そして、どうしたいか尋ねられた。


「念のため半年後にもう一度エコーをやるか、
 どうしても心配ならだいたいの場所に針を刺して採取してみるか」


だいたいの検査の結果で安心できるか?
半年後で。
そういう結論に。

医師は淡々と検査と翌週の主治医の診察のキャンセルを進め、
技師は不安げに「大丈夫ですか?」と何度か声をかけてきた。
「どこまでいっても大丈夫と思えることは無い」と少し意地悪な返事をした私。

それほど心配はしてはいないけれど、
1時間前に再検査と聞いたばかりで、今度は見つからないと言われても
忙しすぎて気持ちの切り替えはできていなかった。


夕方から友人とその子らとご飯の約束をしていたので、
21時頃まで楽しくにぎやかに過ごせた。

その帰り道、一人になるとやはり考えた。
半年グレーで過ごすなら、検査してみればよかったのかも。
問題なければまた一年後の検査でよかった。

いやいや、だいたいだもの。
半年グレーを一年グレーに先延ばしするようなものだ。


ブログランキング・にほんブログ村へ 

乳がん術後5年検診

一年ぶりの乳がん検診でした。

病院へ着き、通院していたことが頭を巡ったのは一瞬。
どうしても数ヶ月前の母のことや病院に通っていたことが
思い出されました。

今日のエコーでは、随分長い間同じところに装置を当てられてました。
途中で、先にマンモを撮ったかを確認され、どうもマンモ画像も調べてる様子。

でも去年も…
同じところを何度も行ったり来たりすると思ったけれど何もなかった。
「異常ありませんでした」くらいの短い文章の結果が郵送で届いた。

今年は直接結果を聞きに行くシステムに変わっていたので
一週間後には結果が出るというので再び行ってきます。



明日は兄の命日なので、妹と一緒にお墓参りに行く予定です。
これまで、父の命日と立春、どちらも悪天候で機会を逃していました。
やっと…母の納骨の確認ができる。

その後、初めて自分の家に連れて帰ってきます。
目の見えない犬とのスペース分けなどの準備が何も進んでいない…

最近は坐骨神経通に悩まされていて、
治療に行くも思うように改善されていません。
明日までにもう少し良くなっておきたかった。


納骨の確認と妹の帰宅のペースができたら
随分と気持ちが楽になるはずです。
ノロノロとですが前に進んでいます。

週末、無事に過ごせますように。



ブログランキング・にほんブログ村へ 

術後4年検診

乳がんの手術から4年、定期検診に行って来ました。

最近では何も治療をしていないため、
自分が乳がん患者だったのを忘れそうになります。
でも、病院に一歩は入れば、通院時の事がフラッシュバック。

今では軽症と開き直っていますが、あの頃は毎日不安だった。
こうして問題なく過ごせてるありがたさも思い出します。

当たり前を当たり前じゃないと気付くための1日でもありますね。


今回から年に一度、検査と診察を同日に行います。
診察は経過観察外来なので主治医の診察はなし。

電車が遅れて予約時間が過ぎてしまったけれど、
検査はスムーズに時間通り。
検査内容は余計な物ははぶきエコーとマンモグラフィ。

診察は15分程度は待ちましたが、
診察室に入ってから1分…は言い過ぎですが
5分はかかってないと思います。
視診、触診、来年の予約や結果の郵送説明など。

これだけ簡単だと、
連携病院など家に近いところで済ませたいのですが
年に一度は元の病院で検診を受ける必要があるそうです。

来年の予約もしてきたので、
すっかり検診をクリアした気になっていますが
検査結果はおよそ1ヵ月後に郵送されてきます。
それまでクリアはお預けです。


ランキングに参加しています。
   ↓        ↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 
 
 

術後2年半検診

先週、術後2年半検診の結果を聞きに行ってきました。

待ち時間2時間半、診察5分。
結果は予想通り問題ありませんでした!


それはよかったのですが、午後早めの予約なのに待った待った。
外でフリーダムに待っているのならまだいいのですが、
中待合いに呼ばれてから1時間以上。

実は裁判員に選ばれて診察日と重なったため、
原則予約変更不可なのに診察日を変えていた。

だからか?と謙虚に待っていたけど
続々と他の人が入って行き、さすがに飛ばされてないか?と思い
確認しようとした時にやっと呼ばれた。


診察室へ入るとややビックリ顔で聞かれました。

「呼ばれたの今が始めてですか?」

「そうですよ。中待合いで1時間以上待ちました」

ちょっとイラッとはしてましたが、
クレームを言ったわけでもなく事実を述べました。


すると、

「今日はちょっと特別検査が多くて。
 検査の結果が出た後の患者さんが間に入って・・・」

と、言われた後の

「ご自分の時のことを思い出してみてください。
 最初の頃は検査が・・・」


この余計な言い訳は、
低リスク経過観察の患者は待っても仕方ないと言われたようで
私の神経を逆さまに撫でていきました。

だって先生、最初に「呼ばれたの今が始めてですか?」って聞いたのは
16時半に14時の患者がいてびっくりしたんじゃないんですかぁぁぁ?
私の診察なんて3分で終わるのに、なんか手違いだったのバレてますけど。


その後、検査の結果は問題ないことを聞き、
次回からは追加でやってる血液検査とレントゲンを省き、
マンモとエコーを同時にやって検診を年に1度にし、
結果を郵送するか、診察を検査と同日にやって同じく結果を郵送か…

という話になりました。


年1の検診というのもあるのか。
診察はやってもやらなくてもいいってこと?
うーん、私には経過観察不必要って思ってない?

今日も結果聞くだけで診察はなし?

と思っていたら、「一応診察しときましょう」って、
一応って・・・


そして腕にある犬に噛まれた傷を見て、最近のケガかと聞かれ
「何か関係があるんですか?」と聞くと、

「リンパ浮腫というのが・・・あっセンチネルやってないんですね」
とブツブツ。

服を着て外に出ると何やら冊子を開いてるので椅子に座ると
リンパ浮腫のページを開いて説明しようとする。
私・・・関係ないんですよね。

神経を逆さまに撫でられた後だから
親切でやってくれてることも空回りに見えました(^_^;)


次で3年。
それ以降は主治医の診察じゃなくなるし連携病院に移ろうか・・・
でも術後経過観察外来になれば混んでる乳腺科より気が楽かも。
半年後までに考えよう。


ランキングに参加しています。
   ↓        ↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。